飽和水蒸気量のグラフ

飽和水蒸気量のグラフ



飽和水蒸気量について学習できるデジタル教材です。

飽和水蒸気量(穴埋め問題)

  • 地表付近の空気が冷やされて、水蒸気が水滴になって浮かんだものを   という。
  • 空気1㎡中にふくむことのできる水蒸気量の最大量を        という。
  • 飽和水蒸気量は、空気の温度が低いほど     ため、水蒸気を含む空気を冷やしていくと    が現れる。
  • 空気中の水蒸気が冷やされて水滴ができはじめるときの温度を    という。
  • 空気1㎡中にふくまれる水蒸気量が        と一致する温度が露点となる。
  • 空気1㎡中にふくまれる水蒸気量を、その温度での飽和水蒸気量に対する百分率で表したものを    という。
  • 湿度〔%〕=                      ÷                   ×100

飽和水蒸気量(動画)

前の記事

雲のでき方

次の記事

海風と陸風