鎌倉時代

特徴

源頼朝が平家を滅ぼすことで、政治の実権が平家から源氏に移った1185年から、後醍醐天皇の命により、新田義貞によって鎌倉幕府が滅ぼされる1333年まで関東の鎌倉が政治の中心であった時代。

重要ワード

源頼朝・・・源義経の兄。後白河法皇の死後、征夷大将軍に任命される、この後の時代を鎌倉時代という。将軍と御家人は土地を仲立ちとして御恩とご奉公(武功を立てれば、土地などがもらえる)という主従関係で結ばれていた。

源頼朝による鎌倉幕府の政治

封建制度

承久の乱・・・後鳥羽上皇が朝廷の勢力回復を図るために北条義時追討の命令を全国に発する、対する幕府側の北条政子は尼将軍と呼ばれ、御家人たちに幕府側の結束を訴えた。結果幕府側が勝利し、後鳥羽上皇は隠岐(島根県)に流された。この後、幕府は京都に六波羅探題を設置し、朝廷の監視を行う

北条政子・・・北条時政の長女。周囲の反対を押し切り、伊豆の流人だった頼朝の妻となり、頼朝が鎌倉に武家政権を樹立すると御台所となった。頼朝の死後、征夷大将軍となった嫡男・頼家、次男・実朝が相次いで暗殺された後、京から招いた幼い藤原頼経の後見となって幕政の実権を握り、尼将軍と呼ばれた。

 

御成敗式目(貞永式目)・・・51か条からなる最初の武家法。御家人と荘園領主の土地をめぐる争いが増えたため、裁判の基準を御家人に示す必要があり、執権である北条泰時が武家社会の習慣や裁判の先例を元に制定

文永の役(元寇)・・・フビライ=ハンが日本を従えようと使者を送るが、執権北条時宗がこれを拒否し争いになる。幕府軍は元軍の集団戦法や火器に苦戦するが、高麗(朝鮮)の人を兵士として送り、士気も低かった元軍が退いたとされる

弘安の役(元寇)・・・幕府が元の再来に備えて博多湾に防塁(石で組んだ壁)を築き、上陸を阻止、また暴風雨によって元の船が沈み幕府側が勝利

北条時宗・・・元寇の時の将軍。二度の元寇を退け英雄とされる。

 

永仁の徳政令・・・元寇を退けたが、勝っても土地が手に入ったわけではないため、御恩とご奉公が崩壊。多くの戦費負担で生活に困った御家人が領地を質に入れたり売ったりした。幕府は御家人を救うため、領地をタダで元の持ち主に変えさせる徳政令をだすが、その影響で御家人に金を貸すものがいなくなった。(土地を分割相続することで御家人の生活は苦しくなっていた(田分け))

 

建武の新政・・・後醍醐天皇が行った政治、しかし、恩賞問題が処理できず、政治が腐敗、公正公平な政治がえできず天皇の権力が失われた

後醍醐天皇による建武の新政の組織図

鎌倉幕府の滅亡

足利尊氏・・・室町幕府初代将軍。鎌倉幕府より後醍醐天皇討伐の命を受けるが、元弘の乱で六波羅探題を滅ぼす。天皇と対立を深め、建武式目を制定して幕府を開き征夷大将軍となった。以後、吉野の南朝、弟直義と抗争を続けた。

主な天皇

後鳥羽上皇・・・後白河天皇の孫。文武両道で、新古今和歌集の編纂をおこった。1221年に、鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げた。(承久の乱)しかし、朝廷側が敗北したため、隠岐に配流された。

後醍醐天皇・・・後醍醐天皇を中心に倒幕計画が進められ、有力な御家人である足利尊氏が六波羅探題を、新田義貞が鎌倉を攻め落とす。幕府滅亡後、後醍醐天皇によって建武の新政(~1336年)(後醍醐天皇が行った政治、恩賞問題が処理できず、政治が腐敗、公正公平な政治がえできず天皇の権力が失われる)がはじまるが、やがて公武が対立する

鎌倉文化

  • 金剛力士像(運慶・快慶)

  • 新古今和歌集

  • 平家物語

  • 徒然草

宗教

  • 浄土宗(法然)
  • 臨済宗(栄西)
  • 浄土真宗(親鸞)

  • 曹洞宗(道元)

  • 日蓮宗(日蓮)

  • 時宗(一遍)

まんが日本の歴史

源氏の滅亡-北条政子と承久の乱

蒙古襲来-国難と北条時宗(御成敗式目)

鎌倉幕府の崩壊ー御家人の不満と広がる内乱

建武の新制-後醍醐天皇の理想

歴史

前の記事

平安時代

次の記事

南北朝時代