生物どうしのつながり(一問一答)

第一章 生物の成長・生殖

生物の成長と細胞

1. 1つの細胞が2つに分かれることを何といいますか。

2. 細胞分裂のさい、細胞の核のかわりに見られるひものようなものを何といいますか。
3. からだをつくる細胞が分裂することを特に何といいますか。
4. 生物の成長は「細胞の数が細胞分裂で増えた後、細胞の大きさが○○○なる」の二段階で進む。○○〇に当てはまる語句を答えなさい。

生物の生殖と細胞

5. 生物が子をつくることを何といいますか。

6. 受精によらない生殖を何といいますか。
7. 個体のもつ形や性質を何といいますか。
8. 動物の雄の精巣でつくられる生殖細胞を何といいますか。
9. 動物の雌の卵巣でつくられる生殖細胞を何といいますか。
10. 精子や卵などの生殖のための特別な細胞を何といいますか。
11. 雄と雌の生殖細胞の核が合体することを何といいますか。
12. 受精した卵や卵細胞を何といいますか。
13. 受精による生殖を何といいますか。
14. 受精卵からからだがつくられていく過程を何といいますか。
15. 動物の受精卵が細胞分裂を始めてから、自分で食物をとり始めるまでの間を何といいますか。
16. 柱頭に花粉がつくことを何といいますか。
17. 受粉すると子房は何になりますか。
18. 受粉すると胚珠は何になりますか。
19. 花粉の中でつくられる生殖細胞を何といいますか。
20. 胚珠の中でつくられる生殖細胞を何といいますか。
21. 受粉後、花粉から胚珠に向かって伸びる管を何といいますか。
22. 植物の受精卵が体細胞分裂を繰り返してできる、幼根や子葉などをそなえたつくりを何といいますか。
23. 受精卵からからだがつくられていく過程を何といいますか。

第二章 遺伝と進化

遺伝

1. 親の形質が子孫に現れることを何といいますか。

2. 親から子へと伝わる形質を決める要素を何といいますか。
3. 生殖細胞をつくるさいに行われる、染色体の数が半減する特別な細胞分裂を何といいますか。

遺伝の規則性

4. 19世紀中ごろにエンドウの種子の形などをもとに遺伝の仕組みを研究し発表したオーストリア人の名前はなんですか。

5. エンドウの種子は丸かしわのどちらかの形質しか現れない。このような2つの形質どうしを何といいますか。
6. 同じ植物どうしで受粉させることを何といいますか。
7. 対立形質をもつ親どうしをかけ合わせた時、どちらか一方の形質だけが現れる。このとき、子に現れる形質を何といいますか。
8. 対立形質をもつ親どうしをかけ合わせた時、どちらか一方の形質だけが現れる。このとき、子に現れない形質を何といいますか。
9. 減数分裂のさい、親のもつ一対の遺伝子が分離して別々の生殖細胞にはいる。これを何といいますか。
10. ある形質について同じ組み合わせの遺伝子を持つ生物をその形質の何といいますか。
11. 遺伝子の本体を何といいますか。
12. 人工的に遺伝子を書き換える技術を何といいますか。

世代を重ねた生物の変化

13. 生物が長い時間をかけて世代を重ねるうちに、その形質が変化することを何といいますか。

14. ヒトの手、クジラのヒレ、ハトのツバサのように現在のはたらきや形が異なっていても、元は同じであると考えられる器官を何といいますか。

第三章 生態系

生物と外界の関係

1. ある生物を考えるとき、その生物をとりまいている他の生物や生物以外の要素をまとめて何といいますか。

2. ある地域に生息するすべての生物と土、水などの生物以外の環境の要素を一つのまとまりとしてとらえたものを何といいますか。
3. 生物どうしの食べる・食べられるの関係を何といいますか。
4. 自然界において食物連鎖が網の目のようになっていることを何といいますか。
5. 光合成をする植物など、太陽の光エネルギーを利用して無機物から有機物をつくっている生物を何といいますか。
6. 他の生物を食べることで生きている生物を何といいますか。
7. 生産者を食べる消費者を何といいますか。
8. 一次消費者を食べる消費者を何といいますか。
9. 主に生物の死がいなどから養分をえている生物を何といいますか。
10. カビやキノコなどのなかまを何といいますか。
11. 大腸菌やビフィズス菌などのなかまを何といいますか。
12. 炭素や酸素は、食物連鎖や光合成、呼吸などのはたらきで○○している。○○に入る語句は何ですか。

自然界における生物の増減

13. 生物の数はたがいに食べたり、食べられたりしながら増減を繰り返しているが、そのつり合いは保たれている。これは、食物連鎖の順に生物の数が○○○○○のようになっていて、互いに影響を与え合うからである。○○○○○に当てはまる語句を答えなさい。