自然・科学技術と人間(一問一答)

第一章 自然と人間

生物と外界の関係

1. ある生物を考えるとき、その生物をとりまいている他の生物や生物以外の要素をまとめて何といいますか。

2. ある地域に生息するすべての生物と土、水などの生物以外の環境の要素を一つのまとまりとしてとらえたものを何といいますか。
3. 生物どうしの食べる・食べられるの関係を何といいますか。
4. 自然界において食物連鎖が網の目のようになっていることを何といいますか。
5. 光合成をする植物など、太陽の光エネルギーを利用して無機物から有機物をつくっている生物を何といいますか。
6. 他の生物を食べることで生きている生物を何といいますか。
7. 生産者を食べる消費者を何といいますか。
8. 一次消費者を食べる消費者を何といいますか。
9. 主に生物の死がいなどから養分をえている生物を何といいますか。
10. カビやキノコなどのなかまを何といいますか。
11. 大腸菌やビフィズス菌などのなかまを何といいますか。
12. 炭素や酸素は、食物連鎖や光合成、呼吸などのはたらきで○○している。○○に入る語句は何ですか。
13. 生物の数はたがいに食べたり、食べられたりしながら増減を繰り返しているが、そのつり合いは保たれている。これは、食物連鎖の順に生物の数が○○○○○のようになっていて、互いに影響を与え合うからである。○○○○○に当てはまる語句を答えなさい。

第二章 科学技術と人間

 身のまわりの素材・技術

 
1. 石油などを原料として人工的に合成された物質の総称を何といいますか。

2. プラスチックは主に何からつくられますか。
3. 人工知能はアルファベット二文字で表しなさい。

自然環境

  
4. 限られた資源の中で、地球の豊かな自然を次世代に引き継いでいくためには、すべての国が持続可能な社会をつくっていくことが求められる。このような情勢を受けて、決められた目標を何といいますか。

6. 地震や台風、津波など自然から受ける害のことを何といいますか。
7. 人間の活動によってある地域にそれまで生息していなかった生物が持ち込まれ野生化することがある。このような生物を何といいますか。
8. もともとその地域に生息していた生物を何といいますか。
9. 窒素などを含む養分が湖や海に大量に流れこむとアオコや赤潮が発生する。アオコも赤潮も水中に○○○○○○が大量に発生しておこる。○○○○○○に当てはまる語句を答えなさい。
10. 地球温暖化の一つの原因とされており、温室効果ガスとして知られる気体の名称を答えなさい。
11. 地球の大気の上層にあり、紫外線を吸収し弱めるはたらきのある層を何といいますか。
12. 南極上空にある、フロンガスなどの影響でオゾンが破壊され、オゾンの濃度が低くなった部分を何といいますか。